商工ローンって怖いところ?

商工ローンは「取り立てが厳しい」「利息が高い」等のイメージがあり、商工ローンを怖いところだとイメージしている方もいるかもしれません。
そもそも、商工ローンとは、主に、中小零細の事業主に対してお金を貸す方法です。
銀行などの一般の貸付の金利よりも高い利息を設定されていますが、(通常最高29.2%)、商工ローンを利用しようとする場合は、銀行などの一般の貸し付けをすでに限度額いっぱい借入しているか、なんらかの事情があり、銀行などから一般の利息で借入できない場合が多いので商工ローンを利用されているようです。

商工ローンには、銀行の一般の貸し付けように担保や、厳密な審査などがないために、無担保で比較的短期間に融資を受けることができるという利点があります。
ですから、こういった利点を最大限に生かし、短期間だけ限定的に商工ローンを利用されるならいいのですが、それが長期化してしまうと利息の高さや、支払いの督促などに悩まされることになりかもしれません。
商工ローンを利用して、その後事業がうまく軌道に乗ったり、新しい取引先ができたり、景気が回復したりといった状況がそろえば、商工ローンを短期に抜け出すことができますが、なかなかそうはいかないことが多いのがこれまた現実のようです。

商工ローンとの取引を一度始めてしまうと、会社の信用情報などにそれが記載されるため、その後銀行などでは融資を受けにくくなるのも現状です。

もし謝金についてお悩みならこのサイトを見てみるといいかもしれません。→http://xn--98jzans4lu43rpbcu67dfo1amqu9i4c.com/このサイトでは借金問題についての解決策が提示されています。特に内緒で借金を繰り返してきた人におすすめのHPです。借金問題はひどくなれば弁護士に依頼して解決してもらうしかありません。もう一人ではどうすることもできない状況まできています。このままずるずるとそののままにしておくと大変なことになります。そうなるまえにしっかりと対策をしましょう。

 

 

「商工ローン」って一体どういうもの?

「商工ローン」・・・って聞かれたことがありますか。
もしかしたら、マスコミなどで報道されていた記事を見られて「怖いところ」と言うイメージを持たれている方も甥かもしれません。

「商工ローン」の実態とはどういうものなのかをご紹介してみたいと思います。
商工ローンの意味は、「お金を貸す事業のうち、その対象が事業者向けであるローン」と言う意味です。
以前は、商工ローンと言えば、年利11%ほどの短期の貸し付けを意味することが多かったのですが、最近では大手貸金業者が事業者向けに金を貸している場合をさすことが多いようです。

貸付の方法は、手形貸し付けと、証書貸付があります。
手形貸し付けの方法は、事業者が銀行や信販会社あての約束手形を切らせて、銀行側は手形の額面から、その利息分をさしい引いた金額を事業者に貸し付けるという方法です。
この方法は、事業者が、担保の代わりに手形を振り出すというものです。
万が一、資金の返済期日に事業者が金を準備できない時には、事業者が利息分を銀行側に支払い、手形を再度新しいものに差し替える方法で融資を継続させてもらうこともあります。
一方、証書貸し付けと言うのは、事業者が、銀行あてに「借用書」という文書を作成し提出することで、その借用書と引き換えに銀行が融資を行うというものです。

このような商工ローンを利用するのは、なんとかして自分の会社の倒産を防ぎ、会社を存続させたいとおもう事業主が利用することが多いようです。

借金地獄から抜け出すために